羽毛布団を傷めずやさしく洗い上げる方法とは

羽毛布団の機能は優れており、汗などの体から出る水分は吸収され、発散されます。しかし、水分は発散されても汚れは残ったままです。定期的に洗い、汚れを取り除く事が大切です。羽毛布団はデリケートなため、洗い方に注意しないとダメージを与えてしまう可能性があります。

状態を正確に把握する事が大切

布団一式

羽毛布団には、低価格の物から一枚数十万円する高額な物まで様々な種類があります。また、使用している期間や汚れの種類など、状態も異なります。そのため、羽毛布団を傷める事なくきれいにするには、羽毛布団の状態を正確に把握する事が大切です。羽毛布団の汚れを把握する事で、羽毛布団にダメージを与える事なく、きれいに洗い上げる事ができます。

使用する洗剤に気をつける

洗剤

羽毛布団を洗う際に、洗剤を使用する場合は注意しなければいけません。
羽毛は脂分を含んでおり、間違った洗剤を使用して脂分を取り除いてしまうと、羽毛のタンパク質に影響が出て羽毛が固まってしまう可能性があります。羽毛が固まってしまうとふわふわ感が減少し、寝心地に影響を及ぼします。

このような事にならないためにも、羽毛を洗う際に使用する洗剤は中性洗剤を使用するようにしましょう。酵素系の漂白剤や塩素系の洗剤などは、羽毛にダメージを与えてしまう可能性がありますので、使用を避けましょう。

乾燥の方法

羽毛布団を洗った後は、できるだけ早く乾燥をさせる必要があります。しかし、羽毛布団を直射日光に長時間あてるのは避けましょう。直射日光に長時間羽毛布団を干すと、羽毛布団がダメージを受けてしまいます。そのため、羽毛布団を干す場合は、風通りの良い日陰に陰干しをする事をおすすめします。

自宅で洗うのが難しいと感じている方は、クリーニングを利用すると良いでしょう。羽毛布団のクリーニングをお考えの方は、宅配布団クリーニングを行っている当社をぜひご利用ください。
羽毛布団、羽根布団羽布団)、こたつ布団など様々な種類のクリーニングに対応しています。布団洗濯便では、掛布団、敷布団などの組み合わせは自由で、こちらがお送りする布団梱包袋に入れていただければ、送料無料(一部地域を除く)で発送する事ができます。