布団の収納方法

家族の人数や季節に合わせて、自宅に布団がたくさん眠っている方は多いでしょう。布団はお手入れの仕方だけでなく収納方法によっても状態が悪くなってしまう事があります。こちらでは布団の正しい収納方法をご紹介します。質の良い睡眠をとるために収納方法にもこだわり、気持ち良く使える布団を維持しましょう。

収納する時も湿気対策を徹底しよう

布団を丸洗いして汚れを取り除くと満足してしまいがちですが、綺麗な布団を維持するためには収納する時も湿気対策を徹底しておく事が大切です。丸洗いをして汚れを取り除いても、湿気が多いところに収納してしまうとカビを繁殖させてしまう場合があります。長い間使わない布団を収納する場合は、湿気が少ないところに収納しましょう。

収納スペースに湿気がこもりやすい場合は、除湿剤や扇風機を使って湿気を溜めこまないように気をつけると良いでしょう。あまり使わない布団はついつい押し入れで眠ってしまいがちになりますが、たまに太陽に当て湿気を取り除く事をおすすめします。

布団圧縮袋での長期収納はおすすめしません

オフシーズンなど普段使わない布団を収納する際、布団圧縮袋を使って収納する方も多いかと思います。羽毛布団は、非常に繊細な羽毛が空気を含む事により、ふっくらして暖かく体を包み込んでくれます。羽毛が痛んでしまうと暖かさや羽毛の良さが損なわれてしまう場合があるため、布団圧縮袋には収納せず、通気性の良い布団専用収納ケースか大きな木綿のふろしきなどに包んで収納する事をおすすめします。

また、収納する際には、湿気がこもらないよう布団専用収納ケースのファスナーを少し開けたり、防虫乾燥剤を入れたり、除湿剤シートを使用すると効果的です。長期間保管していると布団もダメージを受けるため、定期的に布団の保管状態をチェックする事も大切です。

布団のクリーニングをご検討されている方は当社のサービスをご利用ください。収納する前にクリーニングしておきたいと考えられている方に最適な、自由な組み合わせでクリーニングできるお得なサービスをご用意しています。お店に足を運ばず自宅で受渡しができるので、お気軽にご利用いただけます。雑菌や嫌なニオイをシャットアウトして、快適な眠りをご提供いたします。