敷きっぱなし布団は危険

床にそのまま布団を敷いて寝るとベッドで眠る時と違って段差を気にする事なくのびのびと寝る事ができますが、カビを繁殖させてしまう可能性が高くなります。カビが繁殖する仕組みを知っておくと、布団をクリーニングした後も綺麗な布団を維持する事ができるようになります。

敷きっぱなし布団にカビが繁殖する仕組み

床に布団を敷いているという事は、床と布団が密着している事でしょう。このようにそのまま床に布団を敷いている場合は、床と布団の間に湿気がこもりやすくなりカビを繁殖させてしまうのです。

湿気がこもりやすいのは夏だけと思われている方もいらっしゃるかと思いますが、冬も同じように湿気がこもりやすいポイントとなるのです。カビはフローリングと布団、畳と布団という組み合わせだけでなく、床にマットやカーペットを敷いている場合もカビの繁殖を招いてしまう可能性があります。

カビの繁殖を防ぐためには湿気を取り除く

カビの繁殖を防ぐためには天日干しをして湿気を取り除く事が大切ですが、まずは湿気がこもる環境を作らないようにする事が大切です。ベッドのように床と布団の間に空間を設ける事が好ましいですが、どうしても床で寝る場合は、床と布団の間に水分を吸収するタオルや新聞紙を挟むと湿気を取り除く事ができます。

私たちは毎日寝ている間に大量の汗をかいているため、間に挟むタオルや新聞紙を毎日交換するようにしましょう。かごのようなものを使って、掛布団と敷布団の間に少しの空間を設けて風通しを良くするだけでも、カビの繁殖を防ぐ事ができます。

質の良い睡眠をとるために、布団のクリーニングをご検討されている方もいらっしゃるでしょう。クリーニングを行って綺麗な布団を手にしても、普段からカビ対策をしていないとカビが繁殖してしまう可能性があります。綺麗な布団を維持するためには、布団を敷きっぱなしにしない、風通しをしっかり行う事を意識しましょう。