子どものおねしょについて

子どものおねしょに悩まされている方は、多くいらっしゃるでしょう。成長と共におねしょの回数も減ってくるものですが、おねしょの後は布団のお手入れも大変です。そもそも、なぜおねしょをしてしまうのかご存知ですか。こちらでは、子どものおねしょについてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

おねしょのメカニズム

おねしょは、寝ている間につくられる尿の量と、尿を溜める膀胱のバランスが崩れる事で起こります。幼児期は、夜眠っている間につくられる尿の量に対して膀胱の大きさが追いついていません。そのため、無意識の内に尿が膀胱からあふれてしまい、パジャマや布団を濡らしてしまうのです。

また、大人になると尿の濃度を濃くして水分を抑制する抗利尿ホルモンが働きますが、子どもの内は抗利尿ホルモンが未発達なため、水分が多いまま膀胱に尿が溜まってしまいます。そのため、子どもが成長し膀胱の大きさやホルモンが発達すれば、おねしょは自然となくなっていくものなのです。

おねしょの原因

体が未発達という事もおねしょの原因ですが、他にもおねしょには様々な原因があります。例えば、心理的ストレスです。これは、6ヶ月から1年以上おねしょがなくなっていたのに、また突然始まってしまう場合に多いです。ストレスを受けてしまうと自律神経のバランスが崩れ、おねしょの原因となってしまうのです。

また、夜更かしをする事で睡眠が深くなり、尿意を感じても覚醒する事ができないのも原因の一つです。夜更かしは様々な健康被害も考えられるため、決まった時間に寝かせるようにしましょう。

おねしょ対策

おねしょ対策として夜中に何度も起こしてトイレに連れて行く方がいらっしゃいますが、これはあまり良い方法とは言えません。夜中に何度も起こしてしまうと睡眠リズムが乱れてしまい、夜中の尿量を調整する抗利尿ホルモン分泌の減少、膀胱の成長の妨げになってしまう事があります。
そのため、夜はぐっすりと寝かせる事が大切です。

また、冬は汗をかかないため尿量が増え、寒さで膀胱の蓄尿量が小さくなり膀胱機能が不安定になるため、おねしょをしやすくなります。そのため、寝る前にお風呂に入ったり布団を温めてあげたりすると良いでしょう。

格安布団クリーニングを行っている当社では、プロならではのクリーニングで繊維の奥まで洗い流します。ダニやカビ、アレルギーの原因菌をシャットアウトして、清潔で快適な眠りを長時間キープします。

クリーニングのプロが一点一点丁寧にクリーニングいたしますので、布団クリーニングをお考えの方はお気軽にご利用ください。