布団のお手入れ方法の違い

当社では布団の丸洗いによるクリーニングを行っております。布団はご家庭で干したり洗濯されたりするかもしれませんが、それだけではきれいな状態になったとは言えません。こちらでは布団の様々なお手入れ方法と、丸洗いの違いについてご紹介したいと思います。

布団打ち直しとの違い

日本では昔から綿の布団を打ち直す習慣があります。打ち直しの工程では、古くなった中わたの繊維を整えたり新しい綿を加えたりする事で、新品の布団に近い状態に戻します。中わた自体の汚れを取る事はしませんので、打ち直しをしても布団を清潔な状態にする事は難しいのです。また近年では打ち直しのできないタイプの布団も多く出回っているため、コスト面でもクリーニングに出される事をおすすめいたします。

家庭洗濯との違い

種類によっては、布団を巻いた状態にして、ご家庭の洗濯機のドライモードなどで洗える布団もありますが、中わたの汚れまで落とすには不十分です。また、ご家庭で洗った際に難しいのが布団の乾燥です。きれいに洗えていないと、乾くまでの長時間の間に残っていた雑菌が繁殖して、臭いの原因になる可能性もあります。
さらに布団の繊維はとてもデリケートですので、安易に家庭洗濯をしてしまうと型崩れや中わたの片寄りにも繋がるかもしれません。

毎日使用する布団だからこそ、コスト面、衛生面共に安心できる最適な方法を求められている方が多いのではないでしょうか。また人生の大半を過ごし、疲れを癒す大切な場所がキレイな布団であれば快眠に繋がるのではないでしょうか。

清潔で快適な睡眠と、健康のためにも布団クリーニングをご活用ください。お値段も格安で提供していますので、布団クリーニングをお考えでしたら、ぜひ当社をご利用ください。