布団をクリーニングに出すタイミング

布団のカバーやシーツはご家庭でお洗濯ができますので、まめに洗って清潔に保っている方は多いでしょう。
しかし布団そのものとなるとどうでしょうか?表面はきれいに見えても、布団は毎日の寝汗や皮脂が内部に溜まりやすく、天日干しだけでは臭いや汚れの成分を落としきる事ができません。
こちらでは布団をクリーニングに出すタイミングについてご紹介しています。ぜひ参考になさってみてください。

布団を収納する前と使う前

シーズン毎に布団の種類を使い分ける方がほとんどでしょう。一度布団を収納すると、次のシーズンまで半年以上期間が空く事になります。クリーニングに出さず天日干しだけでそのまま収納してしまうと、布団が吸収した汗や汚れがシミや臭いの原因となってしまいます。
また、布団を使用する前もクリーニングに出すのがおすすめです。布団を収納していた押入れや収納棚の中は湿気が溜まりやすく、ダニやカビが繁殖しやすい環境だからです。そのままの使用はアトピーや喘息の原因になりかねません。布団を収納する前や使用する前には、プロにクリーニングを依頼しましょう。

梅雨が明けた時期

梅雨時期はいつもに増して湿気が多く、また天日干しが難しい状況になります。もちろん梅雨時期にクリーニングに出されるのも良いですが、梅雨明けの時期にまとめて出されるのがおすすめです。掛布団や敷布団をはじめ、羽毛布団やこたつ布団も当社にお任せください。まとめて出すと料金が格安になる「ふとんとくとくパック」のご利用も大変お得です。

このように感じたら

季節によってクリーニングを利用される以外にも、布団が以下のような状態の時には、内部の汚れや塩分の蓄積が考えられます。

  • 夏場、寝ているとジメジメする。または冬場なかなか温まらない。
  • 布団を持ち上げると、いつもより重く感じたり湿っている感じがする。
  • 毎日天日干しをしているのに、湿気が取れない。

当社では、便利な宅配サービスを利用した布団クリーニングができるため、重たい布団を持ち運びする手間がありません。女性の方やご年配の方にもおすすめです。