布団汚れの種類と対策

布団は睡眠中の体から大量の汗を吸いこみ、快適な温度や湿度を保ってくれます。そのため質の良い睡眠を手に入れるために欠かせない寝具です。しかし使用された布団は湿度を含んでいます。布団を干すことで乾燥する事はできますが、汚れを落とすことはできません。この布団に付着する様々な汚れについて、ご説明いたします。

毎日使う布団

見た目は綺麗な布団も、毎日使っていると汚れが溜まっていきます。一晩利用するだけで、コップ約1杯分の汗や分泌物を吸収するからです。この汗に含まれる皮脂や尿などの分泌物以外にも、埃や外部からの侵入物によって汚れていきます。そのためダニやカビが繁殖する事になります。

意外な汚れ

赤ちゃんの布団にはおしっこや吐乳、よだれや床の汚れが付きます。また幼児になると活発に行動するので、脂やアカも大量に発生します。外遊びをすれば土砂や外部の菌も運んでくるでしょう。学校に通う時期になると、学校で蔓延する菌を運んできます。そして思春期の時期は髪の毛や整髪料の汚れも気になります。独身男性の部屋にある万年床にはあらゆる菌が発生し、若い女性であれば化粧品やペットの汚れもつく事になります。高齢者は失禁や、気になる体臭が布団に付着します。さらにベッドのように固定された布団にはカビがつく事も多いです。

布団のお手入れ

布団を干したり叩いたりする事で湿気を取り除き、乾燥する事はできます。しかしこれらの汚れを取り除く事はできません。この汚れでカビやダニが繁殖するとアレルギーや喘息の原因になります。また肌荒れやかゆみを引き起こす事もあります。除菌スプレーや電気掃除機でも完全に汚れを取る事は難しく、やはり布団の丸洗いや洗濯が一番効果的です。最低でも1年に1回行ないましょう。また湿気が強い時期や布団が重く感じられる時、お子様がおねしょをしたり飲料をこぼしたりした場合もこまめにクリーニング業者に布団のクリーニングを出す事をおすすめします。

布団洗濯便は宅配サービスを利用した、布団クリーニングのサービスを提供しています。何枚もの重い布団を店舗まで運ぶ必要はありません。お申し込み後に届いた梱包キットに入れて、宅配業者にお渡ししてください。銀イオン水を使用するので、抗菌や防臭効果も期待できます。また一部の地域を除いて送料は無料です。さらに他の業者の料金と比較しても、格安な値段でサービスを受ける事が可能です。清潔で快適な眠りのために、お気軽にご利用ください。