布団丸洗いで赤ちゃんの肌トラブルを予防しよう

赤ちゃんのお肌はとても敏感です。まだまだ発達途中なので大人に比べてお肌の機能が未熟なのです。そんな赤ちゃんのお肌を守るためにもベビー布団の衛生面には気をつけましょう。清潔に保つことで予防にも繋がります。では、どのような肌トラブルが赤ちゃんには多いのでしょうか。肌トラブルを知ることで、衛生面の予防・対策へと繋げていけます。

あせも

頭や首、背中、手足の関節部分など汗がたまりやすい部分にできる赤い湿疹のことをあせもといいます。あせもはチクチクとしたかゆみを伴い、汗をかくとさらにかゆくなってしまう皮膚トラブルです。かきむしったりして傷ついてしまうと衣類などに触れるだけで痛みを感じることもあります。さらにばい菌が入ってしまっては炎症を起こすことにも繋がります。ばい菌を発生させないためにも、ベビー布団のクリーニングは大切になります。

乳児湿疹

赤ちゃんの顔や体にできるすべての湿疹のことを乳児湿疹といいます。乳児湿疹にはカサカサするもの、ベタベタするもの、ジュクジュクするものなどがあります。かゆみは軽く、短期間で良くなることが特徴ですが、布団を清潔に保たないと短期間で良くなることは難しくなります。

赤ちゃんのベビー布団をクリーニングすることで肌トラブルの予防に繋がります。肌トラブルを招かないためにも、ベビー布団を清潔にすることが重要です。体温の高い赤ちゃんは睡眠中に大量の汗をかきます。赤ちゃんが寝ていたベビー布団には多くの汗が含まれているでしょう。そんなベビー布団を清潔に保つために丸洗いをすることをおすすめします。

当社では、格安値段で布団の宅配クリーニングを行っております。赤ちゃんのお世話が大変でなかなか布団を丸洗いできないという場合もお任せください。アトピー性皮膚炎などの原因になるダニやカビの原因菌を残さず排除いたします。料金のこと、宅配エリアのことなど気になることがございましたらお気軽にお問い合わせください。