良い睡眠環境について

快眠は私たちが健康的な生活を送るために欠かせないことです。そのために睡眠の環境にこだわることをおすすめします。では、良い睡眠環境とはどのような環境なのでしょうか。

寝室の明るさ

青白い明るい明かりは神経へ働きかけ、活発にさせるといわれています。そうなるとなかなか眠りにつくことができません。睡眠の際には、徐々に暗くしていくようにすることが理想的です。睡眠リズムを安定させるためのホルモンは入眠前から分泌しています。そのホルモンの分泌量に働きかけ、心地よい睡眠を得るためには赤っぽい温かみのある照明を間接照明として利用することがおすすめとされています。睡眠中は真っ暗にする方も多いのですが、真っ暗な寝室は心理的に不安にさせてしまうことがあります。できれば月明かりぐらいの明るさで、夜中に目が覚めても真っ暗で何も見えないという環境にならないようにしましょう。

睡眠を妨げる音

入眠前はできるだけリラックスすることが大切です。リラックスするためにクラシックなどの音楽を聴く方もいらっしゃるでしょう。しかし、音には睡眠を妨げるものがあります。睡眠を妨げる音の特徴は突発的なものです。外の騒音や車の音、玄関のチャイム、トイレの水洗、食器を洗う音などがあります。睡眠中は、これら突発的な音に敏感ですぐに覚醒してしまう恐れがあります。厚手のカーテンを使用する、家族とライフスタイルを揃えるなどの対策をして良い睡眠をとれるよう工夫しましょう。

布団や枕などの寝具

寝具は清潔なものを使用しましょう。睡眠中は思っている以上に多くの汗をかいています。寝具はその汗や脂などを吸収している状態なのです。それを洗わずに使用していると湿気やニオイが気になってくるでしょう。それでは良い睡眠を得ることができません。良い睡眠に必要なのは、適度な湿気と温度、リラックスできる香りです。布団などの寝具をきちんと手入れすることで、良い睡眠環境を得ることができます。

布団を干したりしても丸洗いするという方は少ないのではないでしょうか。長期間洗っていない布団はクリーニング業者に依頼しましょう。当社は、宅配で布団クリーニングを行っております。重労働になりがちな布団の持ち運びの手間がなくなるので、楽にクリーニング依頼ができます。敷布団やこたつ布団、デリケートな羽毛布団や羽根布団(羽布団)などもクリーニングいたします。